美ら島トラベル

タグで検索する


ヤンキョウファン
燕郷房
  • 予約可能

燕郷房は開店前から行列ができるほど人気の本格中国食堂酒場で那覇市の旭橋駅すぐ近くの繁華街にあります。

開店から今年で17年目を迎える本格中国食堂酒場「燕郷房(ヤンキョウファン)」。初めは現在の美栄橋駅の近くに、ハンドメイド感溢れる手書きの文字「燕郷房」が壁に書かれている店舗を構えていましたが、不動の人気を誇る現在は旭橋駅すぐの繁華街に場所を移し、観光客だけではなくオフィス街からも地元民が訪れる地域の人々に愛されているお店です。

「燕郷房」という店名は店主の成田夫妻が「ツバメが故郷へ戻ってくるように、何度もお客様が訪れてくれるお店となりますように」という願いを込めて付けたものです。その願い通り1度この店の料理を口にするとその美味しさが忘れられず、また足を運んでしまいます。特に人気メニューである四川風の麻婆豆腐や坦々麺のファンは多く、遠方からはるばるこのメニューを食べに来る方もいるほどです。

見どころ

  • 麻婆豆腐定食

    麻婆豆腐定食

    このお店の代表的なメニュー、麻婆豆腐定食(四川風)。注文する際に、店員の方に「辛いですけど大丈夫ですか?」との確認が入るくらい辛いメニューです。

    注文してすぐに運ばれてくる小鉢2品とライス、そしてスープ。暖かくてトロミのあるスープで胃を温めていると、鮮やかな赤色を放つ麻婆豆腐が運ばれて来ます。辛さを確かめるために豆腐から口に運びましたが、思っていたよりも辛さの衝撃はありません。やさしい豆腐の食感とバランスの良い辛さのタレが絡み合い、うわさどおりクセになる美味しさです。山椒のアクセントも程よく、タレと絡んだひき肉もご飯が進んでしまう美味しさなのでぜひ1度は味わって欲しい一品です。

  • 豚角煮五目あんかけご飯

    豚角煮五目あんかけご飯

    ランチの人気メニューの1つでもある豚角煮五目あんかけごはん。大皿に贅沢に乗った野菜と豚の角煮、その上にたっぷりとかけられたあんが食欲をそそります。

    肉厚に切られた角煮を口に入れると、厚みがあるのにとろけるくらい柔らかく、その柔らかさと対比したレンコンのシャキシャキ感が更に互いを引き立てあい、もくもくと食べすすんでしまいます。また甘いあんに絡んだやわらかい白菜を口にいれると幸せが口いっぱいに広がります。

  • ギョウザ

    焼きギョウザ

    普通のギョウザよりもサイズが大きくて長方形の焼きギョウザ。注文するとこの大き目のギョウザが程よくおさまるサイズの四角い皿に乗って出てきます。
    お箸でギョウザをはさむと中身がぎっしり詰まっているのがわかり、食べるたびに野菜と肉のバランスの良いタネが口の中に広がります。にんにくは入っていないため、ランチの時間帯でも気にする事なく食べる事ができます。タレをつけても美味しいですが、何もつけなくても十分美味しくいただける焼きギョウザです。
    サイドメニューとしてぜひ味わっていただきたい1品です。

燕郷房(ヤンキョウファン)の魅力

外観

現在は旭橋駅すぐの繁華街に店舗を構えている燕郷房。開店前から十数人の人が並んでいる事もあり、並ぶのをあまり好まない沖縄ではとても珍しい光景で、この事からも人気の高さが伺えます。

趣のあるドアをくぐり抜けるとこのお店のコンセプト通り、中国の路地裏にある小粋な酒場の雰囲気たっぷりの空間が広がっています。北京の古い街並みをいまだ残している胡同(フートン)地区をイメージしている店内の壁には美しい蓮の花が描かれており、足を踏み入れた人々を華やかに迎え入れてくれます。

ブロックを積み上げたような雰囲気のある仕切りで区切られた1階には4人用や2人用のテーブル席、お1人様でも気兼ねなく利用できるカウンター席も用意されているので、大人数でも1人でも気軽に利用する事ができます。

中国の印象とは一見結びつかない美しいシャンデリアのある階段を登った先には2階席も用意されています。こちらは6人がけテーブルやコミュニケーションをとり易い円卓があり、半個室にもなっているため会食や接待などで利用する事も可能です。全席禁煙ですが、2階のベランダだけは喫煙する事が可能です。

ランチだけではなく夜の営業も行っており、昼と夜では店内のレイアウトも多少変更し、その時間帯にベストな状態でお客様をお迎えしているそうです。料理も美味しく雰囲気も良い、多様なシチュエーションで利用できる燕郷房に1度足を運んでみてはいかがでしょうか。

写真一覧

  • 麻婆豆腐
  • 外観
  • カウンター席
  • メニュー1
  • メニュー2
  • 1階席
  • マーボー豆腐付け合せ
  • 二階に上がるシャンデリア
  • 二階のテーブル
  • オープン前の行列
  • 麻婆豆腐定食
  • 豚角煮五目あんかけご飯
  • ギョウザ
  • 外観
  • 麻婆豆腐
  • 豚角煮五目あんかけご飯
  • 入り口
  • もずくのスープ
  • 焼きギョウザ
  • 席
  • 席
  • 店内
  • 店内
  • シャンデリア
  • 風景画
  • 個室
  • 円卓
  • 半個室
  • 喫煙可能
  • 灰皿
  • 店名

燕郷房の店舗情報

名称 燕郷房(ヤンキョウファン)
電話番号・FAX

TEL:0988-62-0011

住所

沖縄県那覇市泉崎1-11-3

アクセス

ゆいレール旭橋駅・県庁前駅より徒歩約5分!

営業時間

【平日】
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~23:00(L.O.22:30)

【土・日・祝】
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~23:00(L.O.22:30)

定休日

火曜

料金・メニュー

料金・メニュー

定食
今天(日替わり定食):780円
肉野菜炒め定食:880円
麻婆豆腐定食:880円
スタミナレバニラ炒め定職:780円
チンジャオロース炒め定職
ホイコーロー定食


らーめん塩・醤油:680円
四川坦々麺:780円
わんたんレタス麺:880円
豚もやくたっぷり麺:880円

炒麺
五目ヤキソバ:980円
海鮮五目あんかけヤキソバ:1080円

のせごはん
自家製チャーシューのせごはん:780円
蒸しどりのせご飯:780円
ダブルのせごはん:980円

炒飯
チャーシューゴロゴロチャーハン:880円
レタスチャーハン:780円
豚角煮青菜チャーハン:880円

かけごはん
タクシー飯:780円
豚角煮五目あんかけごはん:780円


ピータン肉粥:880円
海鮮レタス粥:980円

サイド
焼きギョーザ:3本300円
ライス:100円
スープ:100円
パクチー:100円
味付けたまご:100円
生たまご:50円
漬物:50円

※ディナーは別でメニューがあります

お支払い情報

平均予算

【ディナー】¥3,000~¥3,999

【ランチ】 ~¥999

その他料金

なし

クレジットカード

夜のみ可
VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners

通貨

なし

予約

予約可

店内設備

店内席数

1階席:
カウンター席(2~6名様)・2つ 2人席・6つ 4人席・2つ 6人席・1つ 

2階席:
円卓(5名様)・2つ 4人席・4つ 6人席・1つ

駐車場

近くにコインパーキングあり

詳細情報

禁煙・喫煙

店内禁煙

その他

なし

美ら海トラベルからのアドバイス

行ってみた感想

辛さあり、旨さありの麻婆豆腐は辛いもの好きには堪りません。野菜たっぷりの豚角煮五目あんかけご飯は女性にも人気があります。

注意事項

事前の予約がオススメです。

オススメのメニュー

今天(日替わり定食):780円

麻婆豆腐定食:880円

四川坦々麺:780円

焼きギョーザ:3本300円

このエリアの人気ランキング
  • 1位
    首里城
    首里城

    沖縄の文化と歴史を肌で感じられる世界遺産に登録されている沖縄屈指の観光名所

  • 2位
    てぃあんだー
    てぃあんだー

    シーサー作りや絵付けを体験できます。家族連れやカップルに人気スポット!

  • 3位
    波上宮
    波上宮

    沖縄県内でも格式が高くパワースポットとしても有名な神社です

  • 4位
    まぜ麺 まほろば
    まぜ麺 まほろば

    ラーメンでもなくつけ麺でもないまぜ麺!お昼時には行列が絶えない人気店

  • 5位
    識名園
    識名園

    沖縄の文化と自然を堪能できる世界遺産!沖縄観光にオススメのスポットです

このエリアのグルメスポット